「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別企業紹介

動画が再生できない場合は、Adobe Flash Player の最新バージョンをインストールしてください。→Adobe Flash Player を取得
動画の再生が遅い場合は、「一時停止」ボタンを押してうす緑色の読み込みメーターが十分に読み込まれた後に
再度「再生」ボタンを押してください。

ベロメーターが味の決め手、日本化工食品

インスタントラーメンなどの味を決める調味料を開発、製造する日本化工食品。
日夜新しい味への挑戦は続く。
機械化できない最も大切なおいしい味つくりのポイントは人間の舌で感じる味覚だ。
技術力とベロメーターによる味の提案が続く。

日本化工食品株式会社

「日本化工食品」は、主にインスタントラーメンやお茶漬け、インスタントスープなどを生産する食品メーカー向けに、業務用調味料や、粉末、顆粒の和風だしや中華だし等の家庭用調味料、スナック菓子や米菓の味付けに使用される風味調味料を製造、販売している。

創業は昭和35年。
現在のように品質の安定した原料が手に入らなかった当時、得意先の製麺メーカーから「小麦が良くないせいか、麺が切れやすくて困る」という相談を受け、その問題点を解決するために日々研究を重ね、「麺改良剤」の発売にこぎつけた。
この商品がきっかけになり、顧客の細かい要望に応えながら、自社で商品を開発、販売する製造メーカーとなる。
当初は「麺改良剤」、「フライの素」などを開発、販売していたが、インスタント食品が普及する中で、エキス抽出調味料の需要が大きく伸びると睨み、蓄肉から作る調味料の開発に着手した。
これが「ハイミート製法」と呼ばれるこの会社独自の加工技術として今日にいたる。
「畜産原料を主体とする調味料といえばエキス抽出型が主流ですが、この『ハイミート製法』はまさにミート(食肉)を使用し、粉末調味料にする画期的なタイプの商品です。この製法の利点は、単純に肉を粉末化するだけでなく、主原料を畜産原料に限らず、魚介類なども同様の製法で粉末化できることにあります。またその際にあらゆる調味料を配合して多様な味付けが可能になり、お客様の要望にあわせた細かな商品提案が可能となります」
藤井宗徳社長はこう説明する。
細やかな提案に向けた商品開発には、官能力と感性が欠かせない。
「味覚センサーなど機械を用いて数値化し、分析しながら作り上げるやり方は効率的ですが、パターン化されてしまうために意外性や個性が失われるという欠点があるんです。当社の開発は、スタッフの舌を頼りに行うことを基本に置いている。まさに『ベロメーター』」というわけです」
と藤井社長は微笑んだ。
「この開発手法は創業当初から現在に至るまで綿々と受け継がれてきました。これから先もアナログでありながら、確かなこの方法によって、私共の味を創り続けて参ります」

「日本化工食品」は創業以来、業務用調味料という一般消費者の目に触れることのない商品を製造してきた。
しかし消費者が、おいしいと感じてくれるかどうかはまさにこの企業の「味加減」にかかっているともいえる。
今日も顧客の「おいしい」を求め、「ベロメーター」がフル回転している。

オフィシャルサイトはこちら