「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別企業紹介




<一房総味>

藤井社長

千葉県房総半島の先端に位置する館山漁港。
夜明けとともに漁を終えた船が続々もどりセリが始まる。
東京湾に出入りする大型コンテナ船などと漁船が入り乱れる「海の銀座」のラッシュは壮観だ。
この港は豊富な魚場が近海にあり、鮮度がよいまま獲れたての魚を首都圏の台所に運べる絶好の位置にある。
「ここで水揚げされたイワシやサバなどを市原市にある工場に運べば、一度冷凍する必要もありません。これはダシを作るには最高の環境なのです。
千葉県市原市の日本化工食品の藤井宗徳社長はこう語る。

館山港に水揚げされる魚が原料だ

もともとこの会社はインスタントラーメンに入っている粉末スープなどを生産してきた。
「ベストセラーの即席めんのスープを作ってきたので味づくりには自信がありました。ある時、展示会で試飲した和風だしがおいしくなかったことに驚きました。うちならばもっと本格的なおいしいダシを作れるはず、と考えたのが『一房総味(ひとふさそうみ)』開発のきっかけでした」(藤井さん)

「一房総味」は新鮮なナマの素材による濃厚な旨みが特徴だ。そして製法にもこだわった特別な節を使用する。

「手火山式焙乾製法で生産した房州節を使用しています。『手火山式』とは、カツオやサバを焙乾(ばいかん)する方法で、強い火力でじっくりと燻し乾かすことで美味しさを中に閉じ込めるという江戸時代から伝わる技術です。
熟練した職人が完全手作業で一尾ずつ余分な脂を取り除いては丹念に燻す技に、職人のこだわりがあります」(藤井さん)

手火山製法というこだわり製法がきめて

一房に自信をもって作りこんだ味、という「一房総味」と言うネーミングには「房総一の味」という意味もかけた。

「発売以来、やはり和食はダシが決め手と、味にこだわりを持つ「GS世代」の支持が熱いです。家庭用ダシとしては決して安くはありませんから、ナショナルブランドでは飽き足らない味にこだわる方に確実に少しずつ売れればいいと思います」(藤井さん)

シニア市場では大量に安くではなく、量は少しでも価値あるもので勝負すべき。ナショナルブランドとは違う道がある。
藤井さんは自信を示す。

「一房総味」は熟年層を狙う

オフィシャルサイトはこちら