「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別企業紹介




<ドゥッシュドゥッスゥ>

樋口社長

今回紹介する会社の名前は「ドゥッシュドゥッスゥ」、一度聞いても覚えられないという人もいるだろう。
「フランス語で『前へ後ろへ』という意味です。
バレエをする方にとっては基本用語でなじむ深い言葉なんです」
こう答えるのは樋口 智也社長だ。

「当社はもともとバレエウエアやバレエ用品を中心にアパレルの販売をしてきました。
バレエスタジオの運営も手掛けており、子供の頃あこがれだったバレエを中高年になってついに始めたというお客様も多くいらっしゃいます」

ドゥッシュドゥッスゥはバレエ用品を販売している


バレエをする人にとって欠かせない商品にレッグウォーマーがある。
「バレエはとても脚に負担のかかるスポーツです。
なんとか脚の疲れを軽減させることが出来ないか考えていました。
試行錯誤の末行きついたのが『磁気の力』でした」
(樋口さん)

バレエ教室の経営からヒントをつかんだ


樋口さんが開発したレッグウォーマーは、磁力をつかって血液中にあるイオンの流れを良くし、血管を広げてより早くコリや疲れ、老廃物を流してくれる効果があるという。

「脚の疲れや冷え、コリの原因は血流の悪さにあります。
同じ姿勢で同じ箇所ばかり使っていると、血管がつねに圧迫されて血流が滞ってしまいます。
運動をしたり、入浴をして身体を温めることで血流が良くなるように脚を温めてるレッグウォーマーを履くことで血液循環も良くなり、たまっていた老廃物を輩出、新しい血が脚に巡ります」
(樋口さん)

磁力を使うレッグウォーマー


この磁気を利用したレッグウォーマー は医療機器としても認められ、樋口さんは「磁気治療本舗」も開設した。

「医療機器レッグウォーマーとして累計販売2万足あまりというヒット商品になりました。
バレエショップから一般商品が生まれたのもそれだけ「GS世代」にニーズがあるからだと思います。
今後は小売りだけでなく卸御意にも進出し世界へ売り出します」
樋口さんはこう力を込めた。

オフィシャルサイトはこちら